シルクに秘められた驚きの美容効果とは?美肌へ導く【絹美容】

  • HOME
  • ニュース
  • シルクに秘められた驚きの美容効果とは?美肌へ導く【絹美容】

実は、絹の驚くべき美容効果が注目を集めているのです。

絹(シルク)と言えば、他の繊維とは異なる魅力を持つ高級素材。
絹は、フォーマルなドレスや着物などに使われており、高級で身近ではない感覚を持っている方もいるでしょう。しかし現代では、価格の幅も広く身近なものと捉えられてきています。
そして、絹が含まれている化粧品も多く販売されています。

 

絹に美容効果がある理由

シルク(絹)は、蛾の幼虫である蚕(かいこ)の繭(まゆ)から作られる繊維です。
蛾が繭を作る目的は、幼虫を守るためですね。繭が弱いと大切な幼虫は、生き延びることができません。
繭は紫外線をさえぎる上、温度や湿度を適切に整える働きを持っています。その繭の働きは、絹になっても変わらず効果を発揮します。

絹は18種類のアミノ酸が結合してできており、人の肌に極めて近い組織を持つタンパク質の『セリシン』と『フィブロイン』が主成分となっています。
絹の主成分『セリシン』と『フィブロイン』は、私たちの肌を形成しているタンパク質に非常に近いことから『第二の皮膚』『肌の万能薬』とも言われるほど。
では、絹が肌に与えるさまざまな美容効果は、どのようなものなのでしょうか。

 

驚き!絹の美容効果

絹には赤ちゃんである蚕を守るように、肌を守り美肌を作り出す効果が余すところなく含まれています。

抗菌・抗酸化作用効果

絹には抗菌作用があり、雑菌の増殖を抑制する働きがあります。天然成分のため、多くの場合肌の弱い敏感肌やアトピーの方でも心配ありません。

そして、シミやしわの原因となる抗酸化作用効果もあります。
私たちの体は酸素を取り入れ、常に必要なエネルギーを作り出していますね。その際にできるのが、『活性酸素』。体の細胞は、その活性酸素によって鉄が錆び付くのと同じように酸化してしまいます。
『抗酸化作用』は、その『錆つき』を抑制する働き。活性酸素は、細菌を排除したりなくてはならない役割も持っていますが、増加しすぎるとシミやしわの原因になってしまいます。
また活性酸素は、肌のバリア機能を損なう原因になります。肌表面に絹の皮膜を作ると、それはもう願ってもない美肌になるでしょう。

 

シミしわ改善効果

絹は紫外線を防ぎ、シミの原因になるチロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。
絹のシミしわ防止改善効果は、紫外線から蚕を守る繭の働きそのもの。
紫外線は、シミやシワなどの老化現象を引き起こす【光老化】を引き起こします。肌の劣化は、ただ加齢だけではありません。【光老化】がもっともの原因なのです。
【光老化】を阻止できれば、お肌の劣化80%は防止できるとも言われています。
ちなみに紫外線対策は、春〜夏だけ行えばよいのではありません。冬でも、肌に影響を及ぼす紫外線が絶えず照射されているのです。

 

乾燥肌・脂性肌改善効果

『肌の万能薬』と言われる絹は、いえば天然の美容液と言える効果も担っています。
乾燥肌・脂性肌改善効果も、温度や湿度を適切に整える繭の働きあってのこと。適度な潤いは、肌のキメを整え健康な肌へ導きますね。
肌の適度な潤いが損なわれると、角質層の乱れを引き起こし肌を守るため表皮細胞が硬化します。
さらに、肌の奥の真皮層に「急いで新しい皮膚を作って!」とサインが送られます。すると、準備ができていない状態で皮膚細胞が押し上げられ未熟な表皮ができるため、ターンオーバーが正常に行われません。
どれだけ対策を行なっても、乾燥肌や脂性肌が改善されないのは、真皮層だけではなく表皮が健康ではないためです。絹の角質層を整える効果により、健康な肌が作られるのです。

これらの働きから、以下のような絹の美容効果が得られます。

  • 抗酸化作用・抗菌効果で肌の機能向上
  • 毛穴の黒ずみ解消
  • ニキビを抑制する効果
  • シミを抑制改善する効果
  • ターンオーバーを正常にする効果
  • 潤いを与え、キメを整える効果
  • 毛穴の黒ずみ
  • 乾燥肌・脂性肌の改善効果
  • ピーリング効果
  • リフトアップ効果

絹には、女性の肌の悩み全ての解決を見込める効果が秘められているのですね。

 

常在菌を守り育てる絹美容

そして絹は、『アミノ酸系界面活性剤』の効果も持っています。

『アミノ酸系界面活性剤』は、シャンプーなどにも使用されている成分です。『界面活性剤』は、石油系・アルコール系などがありますが、決して体に良いとは言えません。

絹の天然由来の合成界面活性剤が、人の体に大変良い作用をもたらすのです。

そのように、実際に絹が含まれている化粧品が良いというわけではありません。防腐剤や洗浄力の強い『界面活性剤』が配合されている化粧品では、絹本来の効果は得られないのです。

逆に皮膚を守る重要な常在菌が排除されてしまい、絹の効果どころか肌ダメージを引き起こす原因となってしまいます。

『絹美容』は、常在菌を育てながら絹の効果を引き出す美容法です。

どれだけ肌に良いと言われる成分を補っても、人間本来の力がなければ肌は健康にはなりません。

  • 角質層を整え、正常なターンオーバーの元で、肌が整う理論『コルネオセラピー』
  • 健康な肌に有効成分を効果的に届ける『モイスチャーバランス理論』

これらを元に生まれた『絹美容』。絹の美容効果を最大限に引き出す『絹美容』が、あらゆる悩みを解決へ導きます。