それは「ゆらぎ肌」かもしれません

季節の変わり目になると、いつも使っているスキンケア用品が合わなくなったり、お風呂に入るだけで顔がヒリヒリしたりすることはありませんか?

それは「ゆらぎ肌」かもしれません。

今回はゆらぎ肌と敏感肌の違いや、ゆらぎ肌度チェック診断など、ゆらぎ肌に関する情報をお伝えしていきます。

敏感肌と違う「ゆらぎ肌」とは?

「ゆらぎ肌」とは外的要因により、一時的に調子が悪くなる肌のことを言います。いつも使っている化粧品が合わない、季節の変わり目に乾燥肌になる等、肌の状態が不安定になるのが特徴的。

一方、よく聞く「敏感肌」は、肌のバリア機能が低く、トラブルが起きやすい肌のこと。肌が弱い人など、生まれつき状態が悪くなりやすい肌のことを指します。

あなたの肌は?ゆらぎ肌度チェック

「自分がゆらぎ肌か敏感肌かわからない」という方のために、ここであなたのゆらぎ肌度をチェック。以下の項目に当てはまるかどうか診断してみましょう。

ゆらぎ肌かなと思ったら

  • 温度変化で顔がむずむずする
  • 水でもヒリヒリする時がある
  • 肌にピリピリした痛みを感じるときがある
  • スキンケアが急に合わなくなった
  • 赤みや発疹が出やすくなった
  • にきびや吹出物が治りにくい
  • 肌がゴワゴワして化粧ノリが悪い

いくつ当てはまりましたか?当てはまる項目が多いほど、あなたの肌は「ゆらぎ肌」ということになります。

ゆらぎ肌の原因って何?

ゆらぎ肌とは一時的要因で、トラブルが生じやすくなる肌のこと。ゆらぎ肌の原因となる外的要因は、以下のようなものが考えられます。

  • 花粉や黄砂
  • 生活習慣や食生活の変化
  • ストレスなど心理的要因
  • 気温の変化
  • 乾燥や紫外線

特に春は、花粉や黄砂により、肌にダメージが蓄積されやすい時期です。また学校や職場で、人間関係の変化が起こりやすく、心理的負荷がかかることにより、肌状態がゆらぎやすくなります。

ゆらぎ肌の状態を知ることが美肌への第一歩

今回は、ゆらぎ肌についてお伝えしてきました。ゆらぎ肌について知ることは、美肌を手に入れるために、とても大事なこと。どんな外的要因が肌に影響を及ぼすのかを知れば、良い肌状態をキープしやすくなります。

また、ゆらぎにくい肌を保ち続けるためには、保湿だけに頼らず、さまざまな要因から守れる肌作りがポイントに。mayunowaでは、3か月でゆらぎ肌を克服し、うるおいを持続できる肌作りを目指しています。

ぜひmayunowaのスキンケア商品をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。