良いものだと始めたお手入れの数ヶ月後に…肌がこれまで以上にトラブルが増えた。そんな事ってありませんか?

 

不足する水分と油分を”老化やダメージ”と考え、「化粧水や美容液でたっぷり保湿することが最も重要!」と思っている方が多いのではないでしょうか?

 しかし、こういったスキンケア方法を長年続けてしまうと…良い効果を期待し、新しい化粧品に切り替えたとしても数ヶ月後には肌の状況が更に悪化してしまうんです。

 

mayunoWaが提案する新しいスタイルのスキンケア

私たちの肌の表面には紫外線や花粉などの外部刺激から守る「バリア機能」と乾燥を防ぎ、皮膚に潤いを与える「常在菌」が存在します。

 

このバリア機能と常在菌の働きを強化することで肌本来の力を引き出し、ニキビや吹き出物、しわなど各種肌トラブルの予防・改善に繋がるのですが、一般的には「保湿、保湿…」と常に与えることを意識したスキンケア法がお馴染みですよね。

 

もちろん、保湿を行うことも大切ですがやり過ぎは禁物。

 

市販の化粧水や美容液に含まれるアルコールや防腐剤といった添加物は刺激性が強く、常在菌が上手く増殖しづらくなると共にバリア機能の働きが低下するため、保湿の頻度や化粧品選びを誤ってしまうと肌の環境がどんどん悪化し、これまで以上にトラブルが増える可能性も…。

 

 

お肌は一生もの。

 

尚且つ最近では人生100年時代とも言われているくらい日本は世界一の長寿社会を迎えています。

 

長い期間、お肌と上手に向き合っていくためにも「補う」より「バリア機能と常在菌を育てること」を意識したスキンケアを心がけていきましょう!

 

補うのではなく”育てること”を意識したスキンケア…今までのお手入れ方法に馴染みがある方にとっては「具体的にどんな材料や成分を使った製品を選んでいけばいいの?」と疑問に感じるものですよね。

 

皆様に新しいスタイルのお手入れ方法を提案していくにあたって、mayunoWaが着目したのは次の二つの生体材料です。

 

 

 

それは、「シルク(蚕が吐き出す糸)」と「乳酸菌生産物質」。

 

mayunoWaでは人の肌の組成にとても近いのタンパク質構造を持つローシルクと乳酸菌物質を配合した化粧品をメインに取り扱っています。

 

シルクによって満たされない隙間を埋めることでバリア機能の働きがUPし、常在菌が棲みやすい環境へ整える共に乳酸菌物質がつくりだした有効成分が肌のフローラバランスに素早く働きかけ、免疫力と潤い力を高めてくれます。

 

また、バリア機能と常在菌の働きをより活性化するために刺激が強い防腐剤とアルコールを一切使用しない点にもこだわりました。

 

 

肌負担ゼロ!ふっくら潤い膜へ整える「ベースローション」

mayunoWaのベースローションはサラサラとしたテクスチャーなのに使う度に内側からもっちりと潤う化粧水!

 

乳化するローシルクが肌表面に潤いのヴェールを作り、常在菌を育むベッドのように肌を優しく包み込みます。

 

愛用者様からも約3ヶ月程で肌の状態が変わったとご好評の声を頂いております。

 

まとめ

mayunoWaではベースローション以外にもシルクリアパウダー(洗顔料)やプロテクトUVファンデなどのメイクアップ用品まで幅広く取り揃えております。

 

あなたもmayunoWaのコスメを使って“スキンケア=保湿成分を与える・補う”というこれまでのケアから「角質の隙間を生体材料のシルクで埋める」+「肌表面に棲む菌バランスを取り戻す」という新しいスキンケアにシフトチェンジしてみませんか?

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

On Key

Related Posts

© 2020 mayunowa LLC.