ORGANIC RAW SILK

Skin Microbiome-friendly

美しい肌を取り戻す
その先に地球が循環できる
優しい未来が描けること

つくり手から使い手…
やさしい循環で繋がる未来を目指して

うまれてきた瞬間から一生付き合い続ける肌
多種多様な菌が棲み日々生まれ変わる肌表面

輝く美しさと うるおいを保ちながらも
外部からの刺激や経皮吸収リスクからからだを守る

肌に備わるいくつものバリア機能と免疫機能
それらは脳や腸とも連携し美しさと健康を担う

 

 

様々な肌への外部刺激や、ストレスに囲まれた社会のなか
「いまを生きる」わたしたちの肌との向き合い方とは・・・

地球が誕生し生態系がうまれ進化していく中
ひとは菌との共生で健康と美しさを育んできました

本来の美しさのルーツに根差した美容こそが求められています

SUSTAINABILITY

For Skin and The Earth

肌にやさしい
地球にやさしい
社会にやさしい

肌にやさしい

01 原料
溶剤抽出原料、遺伝子組み換え植物、防腐剤などキャリーオーバー成分を含め、肌機能を損ねる可能性がある成分は使わず、自然農法やオーガニックの素材、また研究分野で開発される肌との親和性が高い原料を基準に採用しています。

02 製造
原料調達基準と同様に生体に負荷を与えるアルコール、防腐剤、抗菌剤、抗炎症剤、ナノ化物質を使用せず、横浜の自社工場により少量ずつ生産しています。

04消費
肌に負担がない化粧品を選択しても、使い方を間違えてしまうと効果が半減したり、また新たなものを探し求めることに・・・このような負のループから完全に脱却し、使うほどに効果を感じてもらえる。そこまでの体感が得られるようにご案内が出来ることももた、作る側の責任であると考えます。オンラインでの個別カウンセリングをはじめ、独自発信のコラムやテクニカルなカタログなど趣向を凝らしたチャレンジを通し期待に応えていきます。

地球にやさしい

02製造
有害物質廃棄ゼロの達成と製造時に使用するエネルギーの最適な選択によりCO2排出量の計画的な削減を推進しています。また在庫を持たない”適時小ロット生産”により期限切れ商品の廃棄ゼロを達成。無駄がない分、製品の中身にコストを掛けた商品開発をおこなっています。

03流通
過剰な広告や流通の為の在庫は結果として必要以上の生産と売れ残りを生み出します、D2C 取引はお客様の真の声を商品開発に取り入れやすく、にニーズに合わせた自社工場での”適時小ロット生産”により売れ残りによる商品廃棄ゼロに貢献しています。

04消費
製品は防腐剤・アルコール等の環境への影響を及ぼす物質、合成ポリマー類などの分解性の低い化学物質を一切含まないため、使用時・使用後において環境へ流れ出ても地球にやさしいものとなっています。

06再生
リサイクル出来る素材を使った容器を採用(サンプル用の容器を除く)、店舗での回収を実施しています。また使用済みの容器が、今後発売を予定しているシャンプーやサニタリー製品のリフィル容器としてリユースしてもらえるような活動を計画中です。

社会にやさしい

01原料
国内産原料・国内産容器を基本とした安定した無駄の少ないサプライチェーンを構築することで環境負荷を低減するとともに、国内では調達が困難な原料に関しては、ガーナ―の未精錬シアバターなどフェアトレード原料を積極的に採用することで、グローバルな視点での地域貢献もおこなっています。

04消費
お母さんが使うものを見て子供達は育ちます。肌を健やかに美しく保つにはどうすればよいのか、どういう基準で選ぶのか。女の子が初めてメイクやスキンケアをするときにより良い選択ができるよう、開発者自らその想いを発信しています。「べびまゆ」「いぬまゆ」の両シリーズはそれをかたちにした取組みのひとつです。

05啓蒙
肌への影響はもちろんのこと、環境への配慮も徹底的に追い求めた”サステナブルな化粧品”と、それを使った”スキンケア方法”を、横浜・鎌倉・湘南エリアの子育て世代の女性の力を借りて発信。大量生産の商品では実現できなかった新しいライフスタイルと価値観の醸成を進めています。

TOP