肌の常在菌バランスを整えて健康美肌へ

ここ数年で「菌活」という言葉をよく耳にするようになりました。

代表的なものは「腸内細菌バランス(腸内フローラ)」ですが、私たちの全身には皮膚表面から内臓まで様々な常在菌が日々活動しています。

その中でも「お肌の常在菌バランス」、きちんと意識できていますか?

 

私たちの皮膚には常に数十種類、実に数百億個もの菌が存在していると言われています。

常在菌は大きく3つに分けられて、表皮ブドウ球菌などの「善玉菌」、アクネ桿菌などの「日和見菌」、そして黄色ブドウ球菌などの「悪玉菌」が存在します。

 

 

 

では「お肌の常在菌バランスを整える」というのはどういうことでしょう。

日和見菌や悪玉菌を無くして善玉菌だけの状態にすればよいのでしょうか?

答えは「ノー」です。

 

お肌の常在菌は、善玉菌や悪玉菌を含めた様々な菌が安定したバランスとなっている時に、病原菌の侵入を抑える、ストレスや化学物質に対抗するなど、お肌を外的刺激から守るバリア機能として働きます。

例えばよくニキビの原因とされるアクネ桿菌ですが、皮脂分泌や過度なスキンケアによる過剰増殖をした際に初めてニキビ菌として悪さをするのであって、正しいバランスで存在すればむしろバリアの一員として働いてくれているんですね。

 

このように常在菌はそれぞれ存在する菌のバランスが崩れた時に皮膚トラブルへと発展するので、バランスを壊さないような生活や、バランスを整えるようなスキンケアを続けていくことが大切です。

 

スキンケアといえば「保湿する」「美容成分を与える」ことを意識しがちですが、まずは「常在菌のバランスを整える」ことを意識しましょう。

 

 

 

mayunowaのコスメはこの常在菌バランスを第一に考えて、お肌の上の常在菌の働きを弱らせるような防腐剤・アルコール類は完全に排除しています。

更に乳酸菌由来の成分で善玉菌に働きかける「育菌」効果も。

肌環境と常在菌のことを第一に考えるスキンケア、是非今日から取り入れてみませんか?

 

また、菌のバランスが整ったお肌になるということは、同じく常在菌が活動する内臓だって元気になるし、免疫力を高めたり、便秘の解消、健康できちんと痩せやすい身体にも繋がります。

お肌の常在菌がバランスよく住みやすくなるスキンケアで、健康美肌を目指しましょう。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

On Key

Related Posts

© 2020 mayunowa LLC.