アルコールフリーのスキンケアコスメは何故お肌にいいの?

近年お肌に優しいと注目されている「ノンアルコール」や「アルコールフリー」のスキンケア製品、では何故アルコールが入っていないとお肌に良いのでしょうか。

 

 

ほとんどの化粧品にアルコールが使われている!

 

まずそもそも多くのスキンケア製品にアルコールが使われている理由ですが、大きく分けて2つ「殺菌・清浄作用」と「清涼作用」が挙げられます。

 

手指の消毒などによく使用されているように、アルコールには菌を殺す強い作用があり、それによりスキンケア製品内での雑菌の繁殖を防ぐという防腐剤としての役割を果たしています。

加えて肌の皮脂や汚れを浮かせて落とすという洗浄作用を持つので、拭き取りタイプのスキンケア製品にもよく使用されています。

 

またもう1つの「清涼作用」ですが、アルコールは揮発しやすく、蒸発する際に熱を奪うという性質があります。

そのためアルコールを含んだ化粧水を使用すると、スーッとした清涼感を感じるという訳ですね。

 

 

アルコールリー化粧品はどこがいいの?

他にも美容成分や香料を溶かしやすくするという製造上の目的もあるのですが、ではこれらの効用を失ってでも得られる「アルコールフリー」のメリットとは何でしょうか。

先にアルコールには強い殺菌・清浄作用があると述べましたが、それはつまりお肌の上に生息する「常在菌」も殺してしまい、更に皮脂を落としすぎてしまうということです。

私たちのお肌は角質層という『物質的バリア』に加えて、皮脂膜という『化学的バリア』、常在菌による『生物学的バリア』という『複合的なバリアゾーン』によって守られています。

 

季節や体調によって左右されない強く美しいお肌を手に入れるためには、美容成分の補給だけでなく、このバリアゾーンの力を高めていくことが重要と言えます。

 加えて揮発性の高いアルコールには、お肌を乾燥させてしまうというデメリットがあります。

そのため特に乾燥肌や乾燥によるトラブルにお悩みの方には「アルコールフリー」のスキンケア製品が適しているということですね。

 

 

アルコールフリーの化粧品で肌と環境にやさしいスキンケアをはじめましょう!

mayunoWaのスキンケア製品は、アルコールだけでなく、常在菌の働きを弱らせる防腐剤の添加も完全に排除、お肌の持つ本来のバリア機能を高めて健康で美しいお肌を手に入れるという新しいスタイルのスキンケアです。

長年のお肌トラブルにお悩みの方、アルコールや防腐剤の蓄積が気になる方、是非これを機に肌の力を育てるスキンケアに転換しませんか?

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 mayunowa LLC.