常在菌をしっかり育てる ~育菌に良い食べ物とは~

私たちの身体中の常在菌は互いに強く影響し合っている、ということは以前のコラムでもお伝えさせて頂きましたね。

特に、体内で一番多くの細菌が生活しているのが『腸』です。

そのため腸の常在菌バランスは全身、つまり『お肌』の状態にも大きな影響を与えています。

肌の美しさには 腸内環境を整えることも大切

お肌を美しく健康に保つためには正しいスキンケアは勿論、腸内環境を整えることがとても重要。

そこで今回は、腸の常在菌バランスを整えるような『食事』について着目してみましょう。

プロバイオティクス と プレバイオティクス

『腸の常在菌バランスを整える』というのは、『腸に住む善玉菌を増やし、逆に悪玉菌の活動を抑える』ということ。

そのために注目したいキーワードは「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」、これらが腸の育菌には特に重要な2本の柱となります。

プロバイオティクスで腸内フローラにアプローチ!

まず1つ目の「プロバイオティクス」とは「腸内で善い活動をする細菌達」のことで、腸内環境改善のためには食品から積極的に摂取していきたい菌達です。

育菌の1本目の柱は、『善い菌を腸へと届けてあげること』というわけですね。

プロバイオティクスは具体的には乳酸菌やビフィズス菌、麹菌、納豆菌などが該当します。

摂取するためにはこれらの菌が豊富に含まれた『発酵食品』を食べるようにしましょう。

「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」「甘酒」「納豆」といった代表的なもの以外にも、「ぬか漬け」「キムチ」のようなお漬物、毎日の献立に取り入れやすい「味噌」からも、多くのプロバイオティクスを取ることが出来ますよ。

常在菌にエサをあげる!? プレバイオティクスとは

一方、こうして摂取した菌や腸内の良い常在菌のエサとなって、彼らの働きを活発化させるような食品のことを「プレバイオティクス」といいます。

つまり文字通り『良い菌を育ててあげること』、これが育菌の2本目の柱となります。

ではプレバイオティクスとはどんな食品かというと、主にオリゴ糖や食物繊維が該当します。

オリゴ糖は「キャベツ」「玉ねぎ」「大豆」「トウモロコシ」「ニンニク」「バナナ」といった野菜・果物に幅広く含まれます。最近では「オリゴ糖シロップ」としても販売されているので、こちらをお砂糖の代わりに使用するのも良いでしょう。

食物繊維は「バナナ」「キノコ類」「ゴボウ」などに多く含まれる『不溶性食物繊維』と、「海藻」「山芋」「アボカド」などの『水溶性食物繊維』の大きく2種類に分けられますが、どちらか片方ではなくバランスよく摂取することが大切です。

シンバイオティクスでもっと気軽に育菌ができる!

腸に菌を届ける「プロバイオティクス」、腸の菌を育てる「プレバイオティクス」、育菌のためには両方の食物をしっかり摂取することが重要です。

そこで例えば「ヨーグルト」×「オリゴ糖」や、「味噌」×「こんにゃく」など、両者を同時に食べられるような組み合わせは「シンバイオティクス」と呼ばれ、育菌に特に効果があるのでおすすめですよ。

取りすぎは注意! 育菌のために避けたほうが良い食べ物って?

加えて、育菌のためには逆に『避けた方が良い食品』も存在します。

それは揚げ物などの脂っこい食事や、スナック菓子など添加物がたくさん入った食事。

これらは特に悪玉菌の大好物なので、あまり摂取しすぎると悪玉菌優位な『悪い常在菌バランス』となってしまいます。

完全に脂質をシャットアウトするのは勿論NGですが、例えばお肉を食べるときには食物繊維の多い野菜を一緒に摂るなど工夫していきたいですね。

まとめ

今日は、健康な美しいお肌には欠かせない、腸内フローラを育てるための食事についてお話をしてきました。

仕事や、家事、子育てに忙しいなか、食事に気を配ることは簡単ではないかもしれませんが、少しだけ意識するだけでも長い目で見るとその差はでてくるものです。

毎日の食生活から常在菌バランスを意識して、腸から作る健康美肌を今日から改めてスタートしてみてはどうでしょうか?

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 mayunowa LLC.