肌のフローラを整える魔法の筆セリシンボーテ♡

目元は第一印象を左右する大切なパーツのひとつ。

 

 

「クマやむくみなどのトラブルを改善し、健康的な目元を手に入れたい…」という思いがある一方、デリケートな部位だからこそ滲みたり痛みを感じるようなケアは避けたいものですよね。

そこでおすすめなのがmayunoWaから発売中のセリシンボーテを使ったお手入れ方法です。

 

 

天然美容成分が溶け出す絹筆『セリシンボーテ』

 

セリシンボーテとは肌とほぼ同じ18種類のアミノ酸組成を持つシルクから作られたmayunoWaオリジナルの洗顔筆のこと。

 

 

 

絹糸の吸着力と溶け出す美肌成分”セリシン”の効果で不要な汚れを取り除き、美肌菌が育ちやすい環境へと整えながら「くすみ」・「ごわつき」・「乾燥」・「脂分過多」・「毛穴汚れ」・「ハリ不足」などのお悩みを解消してくれます。

 

 

 

 

 

 

セリシンボーテは頬やTゾーンの洗顔はもちろん、マイボーム腺(まぶたの縁にある特殊な皮脂腺の一つ)に溜まったホコリを取り除いたり、目のキワ奥底を温めて血流を向上し、くま・ドライアイといったトラブルを改善するなど他の筆や化粧品ではお手入れしづらい目元周りの細かい部分までしっかりとケアすることが可能です。

 

 

 

 

また、セリシンボーテは洗顔しながらまつ育も実践できる優れもの!セリシンに含まれるアミノ酸が傷んだまつ毛に染み込み、強くて丈夫な毛を育てるサポートをします。


 

 

貴方のお肌に降り注ぐ”42度の魔法”♪

 

 

セリシンボーテの使い方はとても簡単!お湯を含ませ、すーっと肌を撫でるだけでOKです。

 

とてもシンプルな使い方ですが、優れた吸着力を持っているため洗顔は洗顔料なしでこれだけ!という方も非常に多いんです★

 

 

 

 

より良い効果を引き出すにはセリシンボーテに含ませる「お湯の温度」に注目することがポイント。

 

私達の細胞は42℃程度の熱ストレスを感じるとダメージを受けたと勘違いし、修復・治癒するために生成されるタンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」効果があると言われています。

 

しかし、これが43℃の場合…たった一度の違いですが細胞が損傷し、様々な肌トラブルを引き起こす可能性もあるそう。

 

 

 

 

ではどのようにすれば、そしてどの部分に42℃という温度がかかればヒートショックプロテインの生成を促すことができるのか?

 

ヒートショックプロテインを増加させるには肌の深部を温める必要があるため、表面ではなく深部にむけて温度を届けることが大切です。

 

 

 

 

目安としては手で直接お湯を触った時に「少し熱い」と感じる程度(約45℃くらい)のお湯をセリシンボーテに含ませると良いです。

 

すると実際に筆の穂先が肌に当たった際、じっくりと絶妙な温度で深部の深いところを温めてくれるんだとか。

 

お顔周りのケアが一通り終わったら不要な老廃物が溜まりやすい首元やデコルテ、耳の周りにも優しく撫でるようにご使用下さい。

 

 

 

まとめ

 

 

 

オンラインショッピングでは洗浄用の「浄筆」と週に1回のピーリング用として使える「艶筆」の2種類を販売しております。

 

どちらも肌負担を最小限に抑えながら不要な汚れ・角質を取り除いてくれるので敏感肌の方も安心して使用することが可能です。

撫でるだけで理想的な肌・目元へと導く魔法の筆、『セリシンボーテ』の素晴らしさを是非あなたも手にとって確かめてみませんか?

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 mayunowa LLC.