「肌リスクから守り抜き / 肌バリアを育てていく」

角質層と常在菌の「守る力」に着目した新発想の土台ケアはじめてみませんか?

美しい肌になるために「特別なお手入れを」されている人は、少ないかもしれません。
しかし、保湿しても乾燥したり、シミや赤みが目立ったり、トラブルを繰り返したり…
毎朝鏡を見たときの肌が気分の下がる状態になりたくなくてスキンケアをされている方は多いのだと思います。

スキンケアを変えたりアイテムを増やす理由は人それぞれ

mayunowaのスキンケアは、そんな日々さまざま刺激にさらされる中で
肌の免疫システムとバリア機能が弱まらないようにと開発された
ホリスティックコスメ(自己治癒力を引き出す化粧品)です。

次々と足りない成分を足してみたり
炎症を鎮めるだけでは
自分の肌力「=守る力」はつきません。

与える前に、まずは守り・育てる、土台のお手入れこそが重要
ここからはじめるスキンケアで、あまり意識することがなかった「肌のバリアと免疫のはたらき」を知り
今の自分がストレスなく続けられるお手入れ方法を、ぜひみつけてみてください。

テクスチャーへのこだわり

使用感は大切
でも、つけ心地を追求するあまり、安易に肌にとっては不要な合成化学物質を添加する化粧品が多いことに疑問をもっています。
たとえば「乳化剤」
水性成分と油性成分を、素早く混ぜ合わせテクスチャーを良くする乳化剤が当たり前にしようされていますが、使用には疑問があります。

自然の恵みを非加熱により
素材が本来持つ”生きたチカラ”をそのままに届けるために
あえて「乳化剤」も使用せず
そのまま、じっくり時間をかけて
手作業で乳化させながらテクスチャーを良くしていく。

合成化学物質に頼らない製造工程は、肌のバリア機能を弱らせたくないという想いと共に
mayunowaを選ぶ皆さまの、心の奥底にある感覚へ届くものだと信じているからです。

香りへのこだわり

香りの作用に求める製品を厳選しています。
好きな香りが楽しみながらスキンケアをする
気分があがる時間かもしれませんね!

しかし、mayunowaのコスメは限られた製品以外、香りによる作用を加えていません。
理由は、
「精油成分も肌刺激のひとつとして見逃したくないから」
守る力が弱くなった肌でも安心して、土台を育てていただきたいと思っています

そして、香りが作用するアイテムには厳選した8種の溶剤抽出されていない天然精油のみを使用し
心へのはたらきかける作用も外さないように考えています。

天然ならではの香りですので、精油が抽出される時期などによって多少の違いがありますが
メインで使用しているダマスクバラ精油(オットー)はKg当り200万円もする大変効果で貴重なものです。
ぜひ、その時々のちがいも含めて長くご愛用頂けましたら幸いです。

あらゆる肌への信頼性

肌に合う・合わない化粧品の判断基準はありますか?
滲みたり
赤くなったり
痒みがでたり
その他、使い心地やうるおいがどれくらい得られるか?も選択する基準になることでしょう。

現代の化学では、求めてる使用感や肌感…炎症を抑える処方まで簡単にできてしまいます。
しかし、それらを求めすぎると肌のバリアがますます弱まり、もっともっと欲しがる肌・ゆらぎやすい肌になってしまうのです。
そこでmayunowaのコスメでは
✔️薄く乱れた肌バリアを補強して、さまざまな刺激から守ること。
✔️そして、美肌菌が育ちやすい弱酸性の肌環境に戻すこと。
に重点を絞り、肌質や年齢、トラブルの有無
に左右されない化粧品を開発。

なにをしても変わることができなかった肌から抜け出すホリスティック体験をご提案いたします。

消費期限について

スキンケアを変えたり
アイテムを増やす理由は人それぞれ
でも、いつまでもシーズンを超えたアイテムが残っているということはありませんか?

mayunoWa のスキンケア商品には消費期限がります。
それも、未開封時と、開封後の2つ
開封後の使用期限が未開封時より短くなるのは
そう、食品と一緒・・・

経皮吸収リスクが高まるアルコール成分や
表皮ブドウ球菌が棲みにくくなる防腐剤等の使用を一切していせん。

酸化する
腐ってしまう化粧品だからこそ
肌の守る力、そして育てるチカラがあるのです。

食べ物も化粧品も…防腐剤たっぷりのものは避けたいですものね?

ガラスボトルに込めた想い

mayunowaのコスメは、原料の調達から製造過程、お客さまのもとへ届くところまで
すべてが肌のことだけでなく、地球環境のことも真剣に考えた化粧品を作っています。

オーガニック原料を使った化粧品であろうと
大量生産して廃棄する量が多ければ、海も大地も汚してしまいます。

化粧品の廃棄を避ける為に、大量生産をせず
リユースできるガラス瓶を使うこと。
防腐剤フリーの化粧品を実現するためにも必要だったガラス瓶は
リユース瓶をつかったホームケア製品として新たな命が吹き込まれます。

自分たちの健康や美しさに直結する環境への負荷を減らす気持ちが自然と湧いてきませんか?
無理なく・心地よく・そして、いつのまにか
肌と地球優しいものを選んでいた

そんな化粧品があったら良いな
を実現する商品開発をしています。

mayunoWaはどこで製造されているのですか?

mayunoWa の製品は横浜市にある自社工場で製造されています。
それらに使用される原材料も
国内原産・国内製造のものを基本とし調達をしています。

国内原産では入手が困難な
ミネラル顔料
精油の一部(ダマスクバラ等)
および油脂分を構成するセサミオイル、シアバターは
生産者の顔がわかるトレーサビリティのとれた原材料を用い
国内にて調合、加工されたものを
メーカーより直接調達
品質と供給の安定化を実現しています。