mayunowa基準

 

こだわり1
常在菌がバランスを取りやすく・棲みやすい肌環境を徹底的に研究
キャリーオーバー成分まで、完全無添加にするために『一貫した製造ライン』でフレッシュな製品をお届けしてます

こだわり2
作り手や製造工程がみえない原料は選ばず、使う人ー生産者ー製造者ができる限りみえる製品を目指してます

こだわり3
無農薬栽培原料は、自社基準として標準の選択と考えた製品開発・製造をすることで、製品ひとつひとつの認証取得のコストを削減。確かな製品をより多くの方に使い続けていただけるように考えてます

こだわり4
素材・原料そのものの効果や特性を、できる限り壊さぬよう、
全成分表示が一桁を越えない
「メダカが生きれるほどの化粧水」
をはじめ、余計な加工を一切排除してます

こだわり5
ずっと使い続けられるほど、
肌が健康で美しくいられるスキンケアを目指し、日々最先端で再生医療を研究されてる先生やお客様のお肌や悩みに向き合いながらの製品品質を保ってます

 

原料や製造工程、使用後のことまで含めて、全てにおいて不快や不安を感じるものを排除しました

つかうこと、持つことの心地よさを心から感じることができる製品をお届けします

心地よさ・・・それは、自然のみが生み出せる美しくなるためのチカラ。
時間をかけて丁寧に、愛着をもって、「そのままに」届けらることで感じられるもの。
そこには、伝統的な匠の技や最先端の科学が、惜しみなく「やさしさのために」使われています。
オーガニックのその先にある心地よさを心から感じてみてください。

シルクをはじめ自然の素材で「つくる⇒つかう⇒廃棄する」の全てにおいて肌と環境へのやさしさに徹底的にこだわって開発・製造されます

近年、持続可能(サステナブル)な社会の実現とそれに配慮した開発(SDGs )の必要性や、その製品に関わる全ての人が幸せであること(エシカル)に意識が向けられ、製品を選ぶうえでの重要な判断基準となっています。
mayunowaは流通する化粧品としてはほぼ実現が不可能とされる「アルコール」「防腐剤や抗菌剤」「抗炎症剤」「石油由来の界面活性剤」フリーを”自社で少量ずつ製造”することで実現、肌への優しさのみらず地球環境への影響にも配慮したものづくりをおこなっています。